スポンサーサイト

2017.03.27 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    清掃ボランティア活動を行いました

    2017.02.17 Friday

    0

       先日、美化委員会主催で校内清掃ボランティア活動が行われました。

       今回は200人以上の参加がありました。

       

       活動内容は、校門周辺の植え込みの草ぬき・掃き掃除、駐輪場の壁掃除、体育館周辺の草ぬき、体育館2階ギャラリーの清掃、体育館フロアの拭き掃除、武道場周辺のトイレ掃除や草ぬき、学校周辺の溝掃除・草刈り、下足場の窓や靴箱の掃除、グリーンラインの磨き掃除などです。

       

       

      今回は、美化委員長の興梠海斗君と、美化委員幹事の日睥炭擇気鵑裡何佑縫ぅ鵐織咼紂爾鬚靴泙靴拭

       

      Q.今回、このような企画をした理由を教えてください。

       日發気鵝В韻月以内に控えている卒業式や高校入試に向けて、気持ちよく卒業生を送り出し、新入生を迎えたいと思い、企画しました。

       

      Q.美化委員が主催し始めて2回目となりましたが、苦労したことなどがあれば教えてください。

       興梠君:前回は3年生がリードしてくれたこともあり、スムーズで、場所の割り振りなども偏りなくできていたと思います。ですが、今回は早めに終わってしまい時間を持て余す場所もあったようなので、もっと事前の計画を練りこめればよかったと思っています。

       日發気鵝Щ笋癲計画と準備の大切さを痛感しました。事前の清掃場所の調査などを美化委員中心にもっと徹底できていたらと思います。

       

      Q.当日について教えてください。

       日發気鵝日ごろ手の届かないところまで、みんな一生懸命取り組んでくれたと思います。また、人手の足りない時にみんなに「手の空いている人はここをお願いします。」と呼びかけたら、みなさん快く手伝っていただけました。中には「分かりました!みんな、早く終わらせよう!」と掛け声をかけてくださる方もいて、とても心強かったです。

       興梠君:ただ、時間いっぱい隅々まで取り組んでくれる人と、早めに終わってしまって手持ち無沙汰な人が出てしまったことは反省しています。

       日發気鵝美化委員にもっと事前の清掃計画を立ててもらって、手の空いている人に美化委員が指示できるような準備をしておけばよかったですよね。

       

      Q.では、最後に一言ずつお願いします。

       興梠君:たくさんの生徒に参加してもらえて、本当に感謝しています。おかげさまで隅々まで清掃をすることができました。卒業生を快く送り出すことができると思いますし、新入生にも気持ちよく学校を訪れてもらうことができると思います。

       日發気鵝Ш2鵑蓮急な呼びかけだったのですが、たくさんの生徒に参加してもらえて、本当にうれしかったです。美化委員会としてみなさんにうまく指示が出せないことも多々ありましたが、自分から率先して動いてくれる方や、声をかけてくださる方がいて、私も頑張ることができました。次にまたボランティア活動を企画するときには事前の準備をもっと徹底して、より充実した活動にできるようにしていきたいと思います。

      ボランティア清掃活動を行いました。

      2016.07.25 Monday

      0

        本日、ボランティア清掃活動を行いました。参加人数は約250名です。

         

        今回は校内を中心に、草ぬきや屋根拭き、窓拭き、駐輪場の壁掃除、渡り廊下の黒ずみ落としなどを重点的に行いました。

         

        今回は、主催者である美化委員長の熊本夏萌さん、美化委員幹事の田中愛乃さんの2人にインタビューをしました。
         

        Q.今回、このような企画をした理由を教えてください。

        田中さん:入学してから校内を見渡すと、長く掃除をしていないところがいくつか目につきました。私がいつか生徒会総務委員になれたら、徹底的に掃除をする機会を作りたいと考えていました。今回、オープンスクールの直前ということもあり、お客様をおもてなしする意味も込めて、今回のボランティア清掃を企画しました。

        熊本さん:生徒総会で、生徒から「ボランティア活動を増やしてほしい」という意見が出ていました。前回は代議員会が主催で、私たちは共催という形でしたが、ノウハウを学べたこともあり、今度は美化委員会主催でやろうという声が高まっていました。

         

        Q.計画はいつごろから、どのように立てたのですか。

        田中さん:計画の発案自体は2か月ほど前でした。しかし、様々な行事と並行して準備しなければならなかった関係で、実際に本格的に動き出したのは1か月ほど前からです。

        熊本さん:動き出しが遅くなってしまったこともあり、ボランティアの募集などがかなり短期間になってしまいました。しかし、美化委員のみなさんが献身的に動いてくれ、代議員会の斉藤一真君や、幹事の那須夢佳さんもボランティア募集に協力してくれたことで、成功につながったと思います。本当に感謝しています。

         

        Q.当日について教えてください。

        田中さん:みんな時間通りに集まってくれて、計画通りに進めることができました。今年は各清掃場所に美化委員を配置し、清掃の方法や道具に困ったときにすぐさま対応できる体制を作りました。前回よりもスムーズに清掃を行えたと思います。

        熊本さん:部活動を中心に清掃場所を決めていましたが、どの場所でも学年を超えて、部活動の枠を超えて、協力して作業を進めてくれていました。星雲高校の一体感を感じることができました。

         

        Q.では、最後に一言ずつお願いします。

        田中さん:前回(2016年2月)の経験もあり、ノウハウがあったのでかなりスムーズに進められたと思います。この経験を後輩にも引き継いでもらって、よりよいものに進化させていってほしいです

        熊本さん:私たちの準備も万全とは言えなかったですが、みなさんの協力で無事に終わることができました。前回の反省で、道具の管理に一部問題があったのですが、今回は壊れた道具もきちんと申告され、すべての道具が元の場所に戻されました。きちんと前回の反省が生かされて、より良いものにできたと思っています。募集期間がかなり短かった中で、たくさんの部活動が積極的に参加してくれました。星雲高校生の母校愛を改めて強く感じました。運営の面ではご迷惑をおかけしたこともあったと思いますが、活動が成功したのは本当にみなさんのおかげだと思っています。ありがとうございました。また、次回ボランティア活動を企画するときにはもっと早めの準備をして、無理なくたくさんの人が参加できるような活動にしてほしいと思います。後輩のみなさん、よろしくお願いします。

        ボランティア清掃活動を行いました。

        2016.02.19 Friday

        0

          本日、代議委員会主催のボランティア清掃活動を行いました。

           昨年に増して、今年は1・2年生合わせて300名以上の生徒が参加しました(参加率約75%です)。


           活動内容は、校内外の草抜きや溝掃除、駐輪場の壁掃除、粗大ゴミの処理、トイレ掃除、下足場の掃除など、あらゆる場所に及びました。


           







          今回は、代議委員長の齊藤一真君、生徒会長の那須夢香さん、美化委員長の熊本夏萌さん、美化委員幹事の田中愛乃さんの4人にインタビューをしました。


          (左から斎藤君・那須さん・田中さん・熊本さん)

           
          Q.今回、このような企画をした理由を教えてください。

          齊藤君:卒業式が近づいていたので、3年生を快く送り出したいというのが第一の理由です。去年も代議委員会主催で清掃ボランティア活動を行っていたので、私たちの代でも引き継ぎたいと思いました。

          那須さん:それに加えて、清掃を行うことで私たち1・2年生もさわやかな気持ちになれるのではないかと考えました。

           

          Q.計画はいつごろから、どのように立てたのですか。

          齊藤君:代議委員から提案があったのは11月の各種委員会の時です。それから少しずつ計画を進めていきました。下見をして、具体的な清掃箇所が決まったのが1月ごろでした。

          田中さん:中央委員会の時に代議委員会の話を聞いて、美化委員会も共催でやりたいっていう話になったよね。

          熊本さん:美化委員会では、年内に清掃用具の点検と補充をしていました。年が明けてからは道具に番号を振ったりして管理がしやすいよう、準備を進めました。

          田中さん:去年は土の処理に困ったので、今年は土嚢袋に土を詰めました。行事や台風時の備えに使えると思います。

          那須さん:今年は、去年以上の参加人数を募りたいと思い、呼びかけを強化しました。12月中に部活動の部長会を行い、部顧問の先生方にもお願いをしました。1月の各種委員会の話し合いで要綱を検討し、クラス掲示で募集を行いました。

          齊藤君:参加者名簿ができてからは、すぐに場所の割り振り表を作り、活動の4日前には各クラスに掲示できました。

           

          Q.当日について教えてください。

          齊藤君:今年は清掃箇所が大幅に増えたため、細部にまで行き渡らないことがありました。日頃清掃しないような場所を担当した人たちもいたので、もっと清掃の仕方について打ち合わせをしておけばよかったと思いました。

          那須さん:自分の担当場所が終わった後、「何をすればいい?」「どこの加勢にいけばいい?」「ここをやろうか?」といった声をかけてくれる人が多かったです。

          熊本さん:本当にうれしかったよね。

          田中さん:苦労して準備してきた甲斐があったよね。疲れも一気に吹き飛びました。

          那須さん:美化委員会の人たちが本当に一生懸命やってくれました。道具の準備だけでなく、終わった後の片づけまで献身的にやってくれました。

           

          Q.では、最後に一言ずつお願いします。

          田中さん:大変だったけど、みんなが協力してくれたのでいい雰囲気でできてよかったです。分からないことはどんどん積極的に聞いてくれて、実践してくれたので、うれしかったです。

          熊本さん:準備の段階では、美化委員会の先生方に熱心にご指導いただきました。道具の準備や補充など、親身に相談に乗ってくださいました。本当に感謝しています。

          那須さん:3時間程度の活動でしたが、日頃話したことのない人とたくさん話ができて本当にうれしかったです。もっともっとこういう場を作っていって、みなさんと交流していきたいと思いました。今日話せなかった人も、気軽に声をかけてもらえるとうれしいです。いろんな意見を聞かせてください。

          齊藤君:正直なところ、やる前は不安でいっぱいでした。人数が集まるか、積極的にうごいてくれるか、ドキドキしていました。でも実際は、300人以上集まってくれて、当日もテキパキと自主的に動いてくれて、私たちの想像以上の活動になりました。ぜひ来年以降も続けてもらって、伝統の行事にしてもらえたらうれしいです。