スポンサーサイト

2017.03.27 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    『 風 』  No.47 (4月15日発行)

    2015.04.27 Monday

    0
      ◆ 昨日は、フロンティア科の学科集会がありました。その内容に触れながら書きます。
       
      疑問を持つこと
       
      ◆ 教員を30年以上務めてきて、つくづく感じることがあります。「生徒をその気にさせるのは難しい」ということです。いくらこちらが伝えたいと思っていても、生徒が心を開かなければ、伝わりません。いくらこんな生徒に、選手に、進路にと思っても、生徒が本気でそう思ってくれなければ、そうはなりません。生徒の心の扉は内側にしかノブ(取っ手)がない気がします。生徒が自らの力で扉を開かなければ、私たちとの心の通路は通じないし、新しい世界との出会いはないと感じるのです。この扉を開けさせるのが難しい、つくづくそう思います。
      その点、自ら選んでフロンティア科に進学してきた生徒たちは、間違いなく自分で一つの扉を開けています。高校受験に際し、自主的自立的な我をもち、最終的には自分の意志でフロンティア科を目指した、そこを大事にしたい、と思います。
       
      ◆ 今年は、ものごとに疑問を持つこと、もっと外に違った見方はないのかと視点を変えることを話しました。ヒントは俵万智さんの息子さんのつぶやきにあります。
      歌人の俵万智さんは1962年、大阪生まれ。早稲田大学に進んで歌人の佐々木幸綱に出会い、歌を作るようになります。24歳のときに出版した第1歌集「サラダ記念日」が大ベストセラーに。生徒もよく知っていました。
       
      ・「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日
       
      ・「また電話しろよ」「待ってろ」いつもいつも命令形で愛を言う君
       
      ・「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ
       
      ・「嫁さんになれよ」だなんてカンチューハイ二本で言ってしまっていいの
       
      ・我という三百六十五面体ぶんぶん分裂して飛んでゆけ
       
      ◆ 2003年、出産。ですから今年で12歳になる男の子の母親です。男の子は俵さんの本では「たくみん」と呼ばれています。沖縄は石垣島に今は住んでいます。
      そのたくみん君9歳ごろからのつぶやきです。
       
      ・「先生ってさあ」と息子。「よく、前を見なさい!って言うよね」。まあ、あんたがよそ見ばっかりしてるからじゃない?「でもさあ、オレにとっては、見ているほうが前なんだよね」…ん?
       
      ・「や党と、よ党のあいだに、ゆ党ってないの?」。
       
      ・宿題を少しやっては「疲れた〜」と投げ出す息子。「遊んでいるときは全然疲れないのにね」とイヤミを言ったら「集中は疲れるけど、夢中は疲れないんだよ!」と言い返されました。
       
      ・友達の不注意で、右手親指を負傷した息子。相手は謝らず、冷戦状態。「今日はひとこと言ってやる」と登校した。「何て言ったの?」と聞くと「おまえのせいで、オレは毎朝うんこを左手でふいている!」…相手は吹き出し、仲直り。
       
      ・息子が、あまりに偉そうな口をきくので「ナニ様のつもり?」とたしなめたら「…お子様」との返し。
       
      ・今朝の息子との会話。「おかあさん、寒いね」「うん、寒いね」「…こたえる人がいても、やっぱり寒いね」「う、うん!?」
       
      ・息子と話していると「ネタか!?」と思うことが、しばしば。今日も夕飯のとき、キュウリの漬物を手で食べたので注意したら、「は・し・や・す・め」と言われました。
       
      みずみずしい感性で、先入観がなく、柔軟ですね。既成概念にとらわれない着想や工夫を時代は求めている、そういうことを考えています。
       
      ◆ 俵さんは「かーかん、はあい」という本の中でこう書いています。
      「たくみんはかみさまから、なにをもらったかな?」と聞くと「うーんとね、げんきでしょ、かっこいいでしょ、よくねるでしょ、ごはんがすきでしょ…」「いっぱいあるねえ。じゃあ、おかあさんはなにをもらったと思う?」俵さんは「やさしい」とか「りょうりがじょうず」「たんかがじょうず」という答を密かに期待しますがたくみん君の答はちがいました。「わかった!おかあさんがもらったのは『たくみんが、うまれる』じゃない?」でした。たくみん君4歳の時のことです。「この答を、私は一生忘れないだろう」と。
       

      スポンサーサイト

      2017.03.27 Monday

      0
        コメント
        コメントする