スポンサーサイト

2017.03.27 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ボランティア清掃活動を行いました。

    2016.02.19 Friday

    0

      本日、代議委員会主催のボランティア清掃活動を行いました。

       昨年に増して、今年は1・2年生合わせて300名以上の生徒が参加しました(参加率約75%です)。


       活動内容は、校内外の草抜きや溝掃除、駐輪場の壁掃除、粗大ゴミの処理、トイレ掃除、下足場の掃除など、あらゆる場所に及びました。


       







      今回は、代議委員長の齊藤一真君、生徒会長の那須夢香さん、美化委員長の熊本夏萌さん、美化委員幹事の田中愛乃さんの4人にインタビューをしました。


      (左から斎藤君・那須さん・田中さん・熊本さん)

       
      Q.今回、このような企画をした理由を教えてください。

      齊藤君:卒業式が近づいていたので、3年生を快く送り出したいというのが第一の理由です。去年も代議委員会主催で清掃ボランティア活動を行っていたので、私たちの代でも引き継ぎたいと思いました。

      那須さん:それに加えて、清掃を行うことで私たち1・2年生もさわやかな気持ちになれるのではないかと考えました。

       

      Q.計画はいつごろから、どのように立てたのですか。

      齊藤君:代議委員から提案があったのは11月の各種委員会の時です。それから少しずつ計画を進めていきました。下見をして、具体的な清掃箇所が決まったのが1月ごろでした。

      田中さん:中央委員会の時に代議委員会の話を聞いて、美化委員会も共催でやりたいっていう話になったよね。

      熊本さん:美化委員会では、年内に清掃用具の点検と補充をしていました。年が明けてからは道具に番号を振ったりして管理がしやすいよう、準備を進めました。

      田中さん:去年は土の処理に困ったので、今年は土嚢袋に土を詰めました。行事や台風時の備えに使えると思います。

      那須さん:今年は、去年以上の参加人数を募りたいと思い、呼びかけを強化しました。12月中に部活動の部長会を行い、部顧問の先生方にもお願いをしました。1月の各種委員会の話し合いで要綱を検討し、クラス掲示で募集を行いました。

      齊藤君:参加者名簿ができてからは、すぐに場所の割り振り表を作り、活動の4日前には各クラスに掲示できました。

       

      Q.当日について教えてください。

      齊藤君:今年は清掃箇所が大幅に増えたため、細部にまで行き渡らないことがありました。日頃清掃しないような場所を担当した人たちもいたので、もっと清掃の仕方について打ち合わせをしておけばよかったと思いました。

      那須さん:自分の担当場所が終わった後、「何をすればいい?」「どこの加勢にいけばいい?」「ここをやろうか?」といった声をかけてくれる人が多かったです。

      熊本さん:本当にうれしかったよね。

      田中さん:苦労して準備してきた甲斐があったよね。疲れも一気に吹き飛びました。

      那須さん:美化委員会の人たちが本当に一生懸命やってくれました。道具の準備だけでなく、終わった後の片づけまで献身的にやってくれました。

       

      Q.では、最後に一言ずつお願いします。

      田中さん:大変だったけど、みんなが協力してくれたのでいい雰囲気でできてよかったです。分からないことはどんどん積極的に聞いてくれて、実践してくれたので、うれしかったです。

      熊本さん:準備の段階では、美化委員会の先生方に熱心にご指導いただきました。道具の準備や補充など、親身に相談に乗ってくださいました。本当に感謝しています。

      那須さん:3時間程度の活動でしたが、日頃話したことのない人とたくさん話ができて本当にうれしかったです。もっともっとこういう場を作っていって、みなさんと交流していきたいと思いました。今日話せなかった人も、気軽に声をかけてもらえるとうれしいです。いろんな意見を聞かせてください。

      齊藤君:正直なところ、やる前は不安でいっぱいでした。人数が集まるか、積極的にうごいてくれるか、ドキドキしていました。でも実際は、300人以上集まってくれて、当日もテキパキと自主的に動いてくれて、私たちの想像以上の活動になりました。ぜひ来年以降も続けてもらって、伝統の行事にしてもらえたらうれしいです。

       

      スポンサーサイト

      2017.03.27 Monday

      0
        コメント
        コメントする