スポンサーサイト

2017.03.27 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    修学旅行記4 【国内】

    2016.12.07 Wednesday

    0
      今日は宮城県です。
      南三陸町にやってきました。



      とても晴れた日で穏やかな海、
      ここが東日本大震災の被災地なんて・・生徒は最初、ぴんときていないようでした。



      ですが、午前中に行われた語り部による学びのプログラムを通して徐々に実感していきます。




      この写真、高台なのですがあの東日本大震災の日には2方向から津波が押し寄せ、モアイ像の顔の辺りまで浸かったようです。



      話を聞いて町をまわる中で、
      「そこにあったはずのものがない。」

      ということに生徒は言葉を失っていました。




      「自然には敵わない。
      だからこそ、今自分の住む町で考えなければならないことがある。」



      「自分の命を、しっかり自分で守る。」

      お話の中にあった言葉です。




      東日本大震災から約5年半。
      私たちは何ができていたのだろう。
      私たちは何を考えていたのだろう。
      私たちはこれから、どう向き合っていくのだろう。

      1人1人が、それぞれに災害と生活、支援について考える貴重な時間でした。

      スポンサーサイト

      2017.03.27 Monday

      0
        コメント
        コメントする