スポンサーサイト

2017.03.27 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2学年進路講演会

    2014.10.30 Thursday

    0
      「大学データブック2012」(ベネッセ教育総合研究所)の引用ですが、

      「高校の進路担当の教員が実感していることによると、高校2年生の 9 10 月以降に生徒の進
      路意識がやや高まり、高校3年生の4月に大きく上昇して6月頃にピークを迎えるようだ。一方、
      高校教員が生徒に進路意識を高めてもらいたい時期のピークは、高校2年生の 10 月となってい
      る。高校生の進路意識が高まる時期は、高校教員が期待しているタイミングよりも半年以上遅い
      ということがわかる。」
      ( http://berd.benesse.jp/berd/center/open/report/dai_databook/2012/pdf/data_04.pdf )

      進路意識の高まり=受験を意識した勉強を始める、ということにもなります。

      本校では2年生を対象とした「進路講演会」を実施しています。


      講師は代々木ゼミナール進学相談室の 古賀一郎 先生です。

      講演のテーマは「第一志望合格を目指して」です。


      生徒たちは古賀先生のお話に真剣に聞き入っていました。

      以下は、講演内容の要約です

       
       1 受験勉強のスタートが早いほど、第一志望校への合格率は高い。
       3年の総体が終わってからでは遅い。早ければ早いほどよい。
       
       2 勉強へのやる気を出すきっかけは、進路目標を考えること。
       大学で何をやりたいか?興味を優先!
      志望校について、パンフレットなどで情報を集め、寝ても覚めても志望校のことを考えるようにすれば、やる気は出てくるものである。
       
       3 高い志望を持って、第一志望校にこだわろう。
       志望が高ければ、その後の成績が上昇する可能性が高くなる。行きたい大学は絶対あきらめずに。目標校は高く!
       高校2年生の時期にE判定だったとしても、目標に向けて何が足りないか、模試の結果を分析してみよう。あと何点=何問正解すればよいか、戦略を練ろう。
       
       4 大学入試の鉄則は、高校の授業で学んだことが全て。基礎なくして応用なし。
       当たり前のことを人よりも徹底すること。難関大に合格する人は徹底の度合いが違う。単語帳など、全てを暗記するぐらい、何度も何度も繰り返して取り組むことを徹底している。
       

      生徒を代表して2組の橋倉茂郁さんがお礼の言葉を述べました。

      「今日は延岡星雲高校にお越し下さってありがとうございます。私たちはもうすぐコースの仮登録を決めなければいけません。仮登録と言っても、本登録とほぼ変わりません。だから仮登録だからと言って安易に決めるのではなく、進路・学部を決める4つのポイントを気をつけて、大学・学部研究を詳しく調べ、本当になりたいものを明確にして実現に向けてしっかりと考えたいです。そして2年生全員が第一志望校合格を目指して、頑張れる雰囲気を作りたいです。今日は本当にありがとうございました。



      お忙しいなか、また代ゼミ本部よりわざわざお越しいただきました古賀先生にこの場を借りてお礼を申し上げます。

      スポンサーサイト

      2017.03.27 Monday

      0
        コメント
        コメントする