スポンサーサイト

2017.03.27 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    明日は推薦入試です

    2016.02.03 Wednesday

    0
      推薦入試を受検する中学3年生に向けて、生徒会の皆さんが激励の横断幕を掲げてくれました。





      がんばれ近未来の星雲生!(^^)

      第1回各種委員会

      2015.04.22 Wednesday

      0
        平成27年度 第1回目の各種委員会を開催しました。



        会議の内容は主に、委員長の選出と年間の活動計画です。





        代議員会委員長 3年2組 橋倉茂郁 さん





        図書委員委長 3年1組 小川仁志 君      体育委員長 3年4組 加藤美映 さん





        星雲祭実行委員長 2年5組 田野徳陸 君    美化委員長 3年3組 矢野琢己 君





        学習委員長 3年5組 斉藤舞花 さん      交通安全委員長 吉田侑生 君





        家庭クラブ委員長 3年5組 小野泉 さん



        活動をしているところの写真がありませんが・・・



        風紀委員長 3年2組 佐藤渉太 君

        保健委員長 3年6組 藤岡遥輝 君  です。



        また、本日の各種委員会からのキーワードを生徒会執行部と共有しました。

         


        星雲FACEBOOKでは、委員長が登場する動画をアップしています。そちらもご覧ください。


         

        ボランティア活動を行いました。

        2015.02.20 Friday

        0

           本日、代議委員会主催で第2回ボランティア活動を行いました。
           「え?第2回!?」という方もいらっしゃると思いますが、第1回は残念ながら雨で中止となっていたのです。ですので、実際は今回が今年度初の活動でした。
           参加は1・2年生合わせて200名近く。全体の約半数の生徒が参加してくれました。

          集合写真

          活動内容は主にトイレの清掃と学校周辺のゴミ拾い・どぶ掃除です。











          Before
          清掃前

          After
          清掃後



          代議員長矢野君にインタビューをしてみました。



          Q:今回、このような活動を企画した理由を教えてください。

          矢野君:生徒が主体的に活動することを何か企画したいというのがスタートでした。また、地域に貢献できる活動にもしたいと思いました。代議委員会でいろいろと検討した結果、卒業式や一般入試の前でもあるし、この時期のボランティア清掃活動が最もいいのではないかという結論になりました。

          Q:今回、生徒主催でこのような活動を企画したということですが、いつ頃から計画し始めたのですか。

          矢野君:企画が出てきたのは10月くらいでした。ただ、年末はセンター試験激励会の準備があったので、実際に動き出したのは年が明けてからでした。

          Q:企画に際して苦労したこと、工夫したことはありますか?

          矢野君:周りの友達や先生方がサポートしてくれたので、苦労というのはそんなになかったと思います。ただ、たくさんの参加を募りたかったので、事前のお知らせなどに気を配りました。早めの投げかけを意識し、部活動単位での参加を呼び掛けたりしました。活動内容は、あらかじめ下見をした内容と、参加人数とを照らし合わせて決めました。

          Q:なるほど、それでこれだけの規模の活動になったのですね。当日の活動もかなりスムーズにいっていましたし、充実した内容になったのではないかと思います。最後に、参加してくれたみなさんに一言お願いします。

          矢野君:今回、これだけの活動ができたのは、たくさんの方が参加してくれたおかげです。本当にありがとうございました。今後も、このような生徒主催の活動を企画していければと思っています。その時には、また一緒にいい汗をかきましょう。今回残念ながら参加できなかった人も、次の機会にはぜひ参加してください。これからも星雲高校を私たちの手で盛り上げていきましょう。よろしくお願いします。

          Q:お疲れのところ、ありがとうございました。

          矢野君:ありがとうございました。