スポンサーサイト

2017.03.27 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    星雲の夏 〜 『風』 No.14より

    2014.07.25 Friday

    0
      先日お伝えしたとおり、星雲野球部は初のベスト8となりました。

      20日(日)に行われた準々決勝には星雲応援団も駆けつけました。




      そのときの様子が「星雲の夏」と題し、校長室からの通信『風』No.14で綴られていますので、紹介します。
      ( 黒木校長は応援団バス3号車の引率をされました。以下引用です。 )


      ◆ 予め行くと意思表示をしてくれていた130名と、その日駆けつけてくれた29名を加えた実に159名の生徒たちが集まってくれました。平成26年7月20日(日)午前9時45分のことです。準備した4台のバスはほぼ満員。母校を応援しようというその心意気を大変うれしく思いました。
      (中略)
      ◆ さて、前の延岡商業高校の試合が終わりにさしかかり、スタンドに入って待機することになりました。暑かったですね〜!! 本当に!! ほどなく応援席の入れ替わりが始まり、現地で合流した生徒も加わって、野球部を始めとした保護者の皆さんも加わって、総勢200人を越える星雲応援団が出来上がりました。最前列にはユニフォームを着たラグビー部が陣取ってくれました。




      ◆ 試合も応援も見事でした。エースのけががありましたが、特に3年生はそれを補おうとがんばっていたのでは・・・。逆転したときのスタンドの盛り上がりは最高でした。精一杯戦ったことは、試合後の野球部の涙が証明していたように思います。

      ◆ 「星雲の応援がすごかった。まとまっていて怖いくらいやった」これは日大の保護者からです。「高校生らしいすがすがしい応援だった。久しぶりに高校生らしい応援を見た」これは高野連の関係者からです。

      ◆ スタジアムの出口のところでケーブルテレビの解説をしておられたS先生に会いました。延岡西高校で監督をしておられた体育の先生です。「いい試合やった。甲斐君がよく投げた」(後略)




      ◆ 野球部の3年生が一番悔しい思いをしていると思います。人生まだまだこれから、がんばれとエールを送りたいと思います。同時に、この夏のことを忘れずにこれからの困難を乗り越えてほしいと願います。